ForeverMissed
このサイトは、
緒方昌子さん=ママ=グランマ
=まーこおばちゃんand more
との写真や思い出を共有できる
プライベートな場所です。
皆さんも緒方昌子との思い出を
是非シェアしてください。
ペンのアイコンか下の
Leave a Tribute(贈る言葉)をクリックしてから
空欄に直接入力し、
Publish(投稿)をクリックすれば
サイトにアップロードされます。
Let's all remember and celebrate the life of Masako Ogata.



Posted by Kristine Torres on June 28, 2021
母はお料理するのは自分の生きがいだと言ってました。
和食から中華、洋食、お菓子作りまでいつでも何でも美味しく作るお料理は、私の自慢でもありました。小さい時、特別な日は完璧レアに焼きあがったローストビーフが大好きでした。小、中学校の頃、毎週土曜日は母と一緒にさかな屋に行って、ハワイとローカルのマグロやサーモン、ウニなどのお寿司のネタを買ってきて、母が一人で5人分のお寿司を丁寧に握っている姿が今でも目に浮かびます。そして、その握り寿司を食べながら、家族そろって水戸黄門、ザベストテン、連続ドラマなど日本のテレビをビデオで観るのがいつも楽しみでした。
お誕生日は欠かさず手作りチョコレートケーキ。カナダにいてもお正月は必ず手作りおせちとおもちを年末から一生懸命作ってました。サブレーやチーズケーキなどのお菓子、ちまき、レモンチキンやビーフブロッコリーなどの中華料理、毎年ジューシーに出来上がったタ
ーキーも自慢でした。本当に幅広いレパートリーがあったからこそ、お料理の先生としても活躍できたのだと思います。
私が今、料理好きなのも母のおかげだと思ってます。
Posted by Hiroshi Ogata on June 24, 2021
ママは6月16日水曜日に退院しましたがその日と翌日は予想以上に元気で
した。笑い話もでき楽しい時間が持てて大変嬉しかった。何回もパパと呼んでくれた。邦子と登ともしばしば楽しそうだった。しかし退院3日目からろれつが急に回らなくなったので疲れてきたのではないかと思った。退院4日目より6日までは殆ど一日中眠っていた。

退院7日目の朝9時頃邦子がオンラインで晴子がママに感謝の気持を素晴らしい心のこもった言葉で伝えている途中で9時7分ごろ突然ママの呼吸が止まったようだと邦子が驚いたので傍にいた私もびっくりしてママを見つめた。専門家の説明では人は最期の瞬間まで聞こえているとのこと。ママは晴子の声を聞いて喜んででいたはずだ。ちょうどその時あおぞらクリニックの吉野看護師がママのお世話をするためにママの眠っている部屋に入って来た。早速聴診器による検査などをして、ママの呼吸は完全に止まっていますと私共にも確認してくれた。特にママの最期を見届けた邦子とわたしはママが苦しそうな声もしぐさも無く全く穏やかに息を引き取ったのがむしろ嬉しかったと言えるほどだった。81歳の大往生だった。


ママの最後の瞬間まで晴子がママに話しかけられたのは、ママが晴子を読んでいたのじゃないかと思う。全くママも晴子も運勢が強いのだろうと信じている。

ママが永眠した日の午後7時に、神道の歴史に従って通夜の儀式がしめやかに進められた。
翌23日の午前11時に告別式の儀式が始まった。この儀式には邦子、登、私3人の他孫4人の両親、石川和子姉、早苗ちゃん8人が遠い所から参列してくれた。全く感謝の気持で一杯だ。 
10日祭、2回の火葬場での儀式、明るい雰囲気での食事会などすべてが終わったのは午後4時過ぎだった。
ママを明るい雰囲気で永遠の眠りの旅に送れたことはむしろ心から嬉しく思う。

昌子よ 
向うについたら、お父さん、お母さんたちと楽しい話などしながら生活して下さい。

                          洋より





Leave a Tribute

 
Recent Tributes
Posted by Kristine Torres on June 28, 2021
母はお料理するのは自分の生きがいだと言ってました。
和食から中華、洋食、お菓子作りまでいつでも何でも美味しく作るお料理は、私の自慢でもありました。小さい時、特別な日は完璧レアに焼きあがったローストビーフが大好きでした。小、中学校の頃、毎週土曜日は母と一緒にさかな屋に行って、ハワイとローカルのマグロやサーモン、ウニなどのお寿司のネタを買ってきて、母が一人で5人分のお寿司を丁寧に握っている姿が今でも目に浮かびます。そして、その握り寿司を食べながら、家族そろって水戸黄門、ザベストテン、連続ドラマなど日本のテレビをビデオで観るのがいつも楽しみでした。
お誕生日は欠かさず手作りチョコレートケーキ。カナダにいてもお正月は必ず手作りおせちとおもちを年末から一生懸命作ってました。サブレーやチーズケーキなどのお菓子、ちまき、レモンチキンやビーフブロッコリーなどの中華料理、毎年ジューシーに出来上がったタ
ーキーも自慢でした。本当に幅広いレパートリーがあったからこそ、お料理の先生としても活躍できたのだと思います。
私が今、料理好きなのも母のおかげだと思ってます。
Posted by Hiroshi Ogata on June 24, 2021
ママは6月16日水曜日に退院しましたがその日と翌日は予想以上に元気で
した。笑い話もでき楽しい時間が持てて大変嬉しかった。何回もパパと呼んでくれた。邦子と登ともしばしば楽しそうだった。しかし退院3日目からろれつが急に回らなくなったので疲れてきたのではないかと思った。退院4日目より6日までは殆ど一日中眠っていた。

退院7日目の朝9時頃邦子がオンラインで晴子がママに感謝の気持を素晴らしい心のこもった言葉で伝えている途中で9時7分ごろ突然ママの呼吸が止まったようだと邦子が驚いたので傍にいた私もびっくりしてママを見つめた。専門家の説明では人は最期の瞬間まで聞こえているとのこと。ママは晴子の声を聞いて喜んででいたはずだ。ちょうどその時あおぞらクリニックの吉野看護師がママのお世話をするためにママの眠っている部屋に入って来た。早速聴診器による検査などをして、ママの呼吸は完全に止まっていますと私共にも確認してくれた。特にママの最期を見届けた邦子とわたしはママが苦しそうな声もしぐさも無く全く穏やかに息を引き取ったのがむしろ嬉しかったと言えるほどだった。81歳の大往生だった。


ママの最後の瞬間まで晴子がママに話しかけられたのは、ママが晴子を読んでいたのじゃないかと思う。全くママも晴子も運勢が強いのだろうと信じている。

ママが永眠した日の午後7時に、神道の歴史に従って通夜の儀式がしめやかに進められた。
翌23日の午前11時に告別式の儀式が始まった。この儀式には邦子、登、私3人の他孫4人の両親、石川和子姉、早苗ちゃん8人が遠い所から参列してくれた。全く感謝の気持で一杯だ。 
10日祭、2回の火葬場での儀式、明るい雰囲気での食事会などすべてが終わったのは午後4時過ぎだった。
ママを明るい雰囲気で永遠の眠りの旅に送れたことはむしろ心から嬉しく思う。

昌子よ 
向うについたら、お父さん、お母さんたちと楽しい話などしながら生活して下さい。

                          洋より





her Life

お料理上手の母

母はお料理するのは自分の生きがいだと言ってました。
和食から中華、洋食、お菓子作りまでいつでも何でも美味しく作るお料理は、私の自慢でもありました。小さい時、特別な日は完璧レアに焼きあがったローストビーフが大好きでした。小、中学校の頃、毎週土曜日は母と一緒にさかな屋に行って、ハワイとローカルのマグロやサーモン、ウニなどのお寿司のネタを買ってきて、母が一人で5人分のお寿司を丁寧に握っている姿が今でも目に浮かびます。そして、その握り寿司を食べながら、家族そろって水戸黄門、ザベストテン、連続ドラマなど日本のテレビをビデオで観るのがいつも楽しみでした。
お誕生日は欠かさず手作りチョコレートケーキ。カナダにいてもお正月は必ず手作りおせちとおもちを年末から一生懸命作ってました。サブレーやチーズケーキなどのお菓子、ちまき、レモンチキンやビーフブロッコリーなどの中華料理、毎年ジューシーに出来上がったタ
ーキーも自慢でした。本当に幅広いレパートリーがあったからこそ、お料理の先生としても活躍できたのだと思います。
私が今、料理好きなのも母のおかげだと思ってます。


The Chef/Cook

Our mother was amazing in the kitchen! She loved to eat of course, like everyone in our family, but her cooking and organizational skills in the kitchen were something else. When we kids were little, before a guest like a colleague of my father’s would come to visit our home, she would sit with her cookbooks and a pen and paper and write down ideas for the perfect menu. Then she would create a timeline schedule so she could get all the cooking and house cleaning done so that everything was pristine and prepared just so in order that she would be the ultimate hostess for her dinner.
Our special meals she would prepare for the family on Christmas or birthdays would be her always perfectly oven roasted rare to medium rare roast beef. Our Saturday ritual when I was in grade school would be she and I would go to rent some Japanese videos and then to the Japanese fish market. She would then by hand make enough nigiri sushi rice for the five of us (which would have been probably making 100 nigiri!) and delicately place all the pieces in individual sushi containers. Everything was always so perfect!
In later years, after I had left home, I know she spent a lot of time giving free cooking classes to her Japanese friends and I’m sure they appreciated her wisdom as well.
Even today, I particularly enjoy making her specialties: cheesecake, Chocolate roll cake, chicken teba, sanshoku gohan (with green peas).

Her Kindness

Our mother was one of the kindest and most generous people in the world. She always made that extra effort to make our birthdays extra special from coming up with unique party themes (like a fashion show for one when I was about 8 years old) to making our favorite dishes and baking and decorating the birthday cake herself. She always remembered all our special days and passed that on as a family tradition that we continue and will continue. And I always appreciated her handwritten birthday cards that she would always include with the neatly wrapped present. I remember the countless number of gifts she gave over the years to friends and family as well. Winters always were a time she would buy, package and send all our relatives in Japan a goodie package of cod roe for the special New Year’s meals. And for her friends in Vancouver, she would spend days making omochi for them for their New Year’s and taking them to their houses. She was a very giving person with both her time and gifts.
Recent stories

おもてなし (Draft)

Shared by Doug Ogata on June 20, 2021
昌子はカナダにいる間、おおぜいな方々を招き、バンクーバーを一緒に観光し、時にはビクトリアやバンフの連れ、おもてなししました。
いつも快く、いつも精一杯に、みんなのために、楽しい思い出を作ってあげました。
  1976
  1977
  1978
  1979
  1980
  1980 鹿児島のスミおばあちゃんが訪ねる
  1981
  1982
  1983
  1984 深澤洋二が1年滞在
  1985 石川早苗が訪ねる
  1986
  1987
  1988  本窯徳郎が訪ねる、石川陽子が訪ねる
  1989
  1990
  1991
  1992
  1993
  1994
  1995
  1996
  1997
  1998
  1999
  2000
  2001
  2002
  2003
  2004
  2005
  2006
ぜひ、以下のブログに、緒方昌子とのバンクーバーの思い出を書き残してください。